スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方元ネタ巡り(ちょっぴり)

聖地巡礼かは怪しいかもしれない。
あくまでモデルになったと”思われる”とこなので。

明確なのは長野の諏訪大社くらいかね。
東方以外にも武田信玄関連で行きたい場所である。
…今回は関西の旅なので長野行ってませんがね。



で、行ったところ全部紹介すると長くなるので、
今回は
心綺楼、輝針城 を中心にご紹介。
※輝針城のネタバレにもなりますのでご注意ください

情報は大体東方元ネタwikiから。

まずは心綺楼。こころちゃんだね。


元となったと思われる秦河勝。お墓は大阪にあるそうな。

だが基本的に検索して出てくるのは広隆寺。行くとしてもここで間違いないだろう。
IMAG0381.jpg

どういうお寺なのかはリンク先見るなり調べるなり実際行くなりしてどうぞ。
そっちのほうが楽しめるしね。
聖徳太子・秦河勝関連の場所ということだけ言っておきますか。

参拝料700円と書いてありますが、本堂は別にお金掛かりません
仏像見るのには必要です。巡れればそれでいいっていう人はいいかも。
秦河勝が聖徳太子から賜った仏像ってことで見ておくのもいいかもしれない。
中には秦氏の仏像もありました。
ただ撮影禁止なので、本当に”見るだけ”です。
…まあ神仏は撮らないほうがいいだろうしね。

こころちゃんの名前の由来と思われる。
P8180172.jpg
本堂にありました。

アクセス

嵐山線 太秦広隆寺(うずまさこうりゅうじ)駅。
バスは太秦広隆寺前で降りてください。

JR太秦駅からのアクセスはお勧めしません
かなり歩かされました。素直に嵐山線使ったほうが賢いです。

GoogleMAP(広隆寺駅にピン)




輝針城ネタも一番乗りヒャッハーしたかったのですが、
人魚や天邪鬼やろくろ首など、どこいきゃいいんだよ…っていうのが多く、
いくつか断念してたり。

人魚は頑張れば探せただろうけど…ぶっちゃけ人魚伝説なんて各地に(ry
可能性として、観音正寺、西光寺(和歌山)、龍宮寺、Little Mermaid(デンマーク)
分からないのでとりあえずスルー確定。

で、

こころちゃんの広隆寺が京都なので、同じく京都で巡礼。

Extraのネタバレになるが、堀川雷鼓の巡礼場所がある。

雷鼓=雷神=雷門=浅草みたいな気もするが、雷門はあまり関係ないらしい。
確かに風神と雷神いるけどね。それだけな気がする。

ということで、正しく(?)は京都で賀茂別雷神社である…はず。
(上賀茂神社)

P8180207.jpg

中の写真もあるけど、バリバリ人写ってるのでモザイク処理もだるいので無しで。

雷神という感じはほとんどなく、そこそこ遠いので無理に行く必要はないかもしれない。
普通に観光にいくならそう悪くない場所ではあったかな。綺麗だったし。
八咫烏関連でもあるが、やはり無理して行くほどではないかも。

頑張って読んでね。(クリックで無圧縮)
IMAG0414.jpg

バスで行くことになるので、上賀茂神社から賀茂御祖神社(下鴨神社)に行くのもありか。
下鴨神社も八咫烏関連。ついでに依姫(玉依姫命だが)も下鴨神社(の中)である。
両者、電車からではかなり歩くことになるのでバス移動をお勧めする。

余談だが、下鴨神社は有頂天家族の巡礼場所となっているので、
関連性や馬絵などは東方関連よりそっちのほうが強いだろう。
IMAG0415.jpg

アクセス

地下鉄 烏丸(からすま)線 北山駅から徒歩
バス 上賀茂神社前 ※推奨

GoogleMAP



順番的にExtraからっていうのもおかしいが、次は弁財天。九十九弁々。
弁天って言った方が分かりやすいか。
でも弁天よりも付喪神の琵琶牧々のほうが正しいかもしれない。

生足(^ω^)ペロペロ

順番ずらした理由は京都じゃないからです。
弁々の持ってる楽器は琵琶(びわ)という物です。
漢字見れば察しがつくとは思いますが、琵琶湖のほう。つまりは滋賀県です。

場所は西国三十三所の30番である宝厳寺です。
こちらは琵琶湖にあるにあります。
つまりは船に乗ることになるので、船酔いなどで苦手な人はお勧めしません。※片道40分

船には彦根、長浜から乗ることが出来ます。

P8190308.jpg
到着してもきつい階段がお出迎え。
でもそこまで高いところには登らないので見た目ほどではない。
琵琶湖も眺められて綺麗なのだが、時期を間違えると暑くて死ねる。
…唯一行って後悔した部分である。

本堂内部 ※許可有り
IMAG0562.jpg

入り口には弁財天の看板…読めるように撮ればよかったね。
P8190333.jpg

弁才天は手が6本くらいあり、初めて見たときは面食らうかもしれない。
想像と違うよ…。
なんだか仏みたいな感じでアレーってなる。まあ寺なのだから当たり前か。

これも当たり前だが痛馬絵もなかった。
東方巡礼者一番乗りな気がしてきた…。ここで正しいのかは置いといて。

船などを使うのであまり交通の便がいいとは言えません。
行くなら計画的にね。


アクセス

※時期により船の運行時間が異なります。

彦根駅から無料シャトルバスで彦根港。
彦根港より琵琶湖観光船で竹生島(ちくぶしま)下船。

近江今津駅から今津港~竹生島。

長浜駅から長浜港~竹生島。

上二つの船詳細



青春18きっぷ利用した東方元ネタ巡りでした。
切符販売は31日までやってるので、この機会に足を運んでみては?
…ローカル電車なので東京~京都で9時間ですけどね(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
過酷なので東京からやるなら覚悟してね!!(経験談)

Comment

2013.08.27 Tue 20:36  |  

竹生島は、平安時代の歌人である都良香が遊びにやってきた時に、上の句を彼が詠むと弁天がその下の句を詠んだという伝説があります。「三千世界は眼前につき 十二因縁は心裏にむなし」、だったかな。幻想郷にいる某キョンシーとも関連があるのかもしれません。
地元民がでしゃばってみました。

  • #-
  • 名無し@まとめいと
  • URL

2013.09.05 Thu 12:06  |  

東方の元ネタって調べると奥が深いですよね。
普段は触れることの無い妖怪や神様について知ることが出来ますし。
またひとつ勉強になりました。ありがとうございます(゚∀゚)

  • #ehuBx04E
  • しゃる
  • URL
  • Edit
 ※ どの欄でも「http://」「.jp」が付くと投稿出来ません。
禁止ワードと出る場合はaboutの禁止ワード一覧をご参照ください。
(編集・削除用)

Trackback

URL
http://shallden.blog47.fc2.com/tb.php/358-cc654e80
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

シャル

Author:シャル
ネトゲなんてどれも一緒!
同じ様なものだけど重要なのは
一緒に遊ぶ仲間だと思う。


自称さすらいのオンラインゲーマー気取ってやってます。
モクバ(トロイの木馬)やら
小瓜やらセフィやらの中の人。
 シャルデン、またはシャルディン(ShaldenFrand)ともいう

mixiが本家なので、
暇でしたら寄ってってね!

ランキング参戦

応援よろしくお願いします(・∀・)

アクセスカウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

MyLinks

他所様へのリンク

ブログ内検索

(c)

当ブログの著作物は著者のものです。著作物は全て各社及び著者に帰属します。文書(転記除く)は筆者(管理者)のものです。 管理者の著作物以外の転載はご遠慮ください。
Copyright © shallden
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。